09:10:45
05

朝ご飯の神様??~きょうりょく~

先ほど、まったりと朝ご飯食べていたら…

ひらがなで

『きょうりょく~』 とデカい文字が浮かびました。

なんでひらがな???

なんでそんなにデカい????(笑)


本日は、朝ご飯の神様でしょうか…



ひらがなだったので

漢字でできうる文字を考えて調べてみました。


◆協力
 一つの目的に向かって、それぞれが得意とする能力や技術を活かし出来る事をやる。
例えば、家を建てるために、希望を出す住人・設計士・大工の関係など
それぞれの立場や、出来る事は違うけど、それを合わせることで一つの目的が達成される感じ。

◆共力
俗語であるようだけど、それ単体では効力や威力はないものの、何かと合わせることで生まれる力。
パーマなどの1液・2液みたいな関係かな?
一人では無理だけど、誰かと一緒ならできる。
一緒にやれば、思いもよらぬ効果を発揮する!的な感じ。


◆響力
影響力という言葉があるように、響くことで互いに作用する力。
共鳴のように響くこともあれば、響くことで反発することもある
音の和音のような感じ。
良い和音は重なることで素晴らしいハーモニーを作り上げるが
不協和音は、耳障り。
しかし、一つの曲を作り上げるにあたって、たまに入る不協和音は変化を付けたり
曲の個性を出したりする感じ。

合う人、合わない人が必ずいるけど、不興和音も必要だね。
マンネリ化を防いだり、状況に変化を付ける力って感じがします。


◆強力
読んで字のごとく、強い力。
作用も、影響も強い。ごうりきとも読む。

「ごうりき」とは
山伏,修験者 につきそい,荷を運ぶ力役 をつとめる従者の呼び名であるそうな…
荷を運んでくれる人がいなかったら、山伏や修験者は移動できませんからね…

縁の下の力持ち的な感じ。
表立たなくとも、とても作用が強く、ないと困る物なのかもしれません。



協力・共力・響力・強力…

『きょうりょくする』 といっても、色々な 「きょうりょく」 があるのね♪

どの場面で、どんな 『きょうりょく』 をする事がベストなのか考えてみると

人との関係性においての自分の立場や身の振り方が見えてくるのかもしれませんね✨



朝ご飯の神様…

気になって、調べ始めてしまったもんだから

私まだ ご飯食べおわってません……(笑)



coffe_20170802215752a2f.jpg
スポンサーサイト

0 Comments

Add your comment